痛風の予防に効果的な栄養素と控えるべき成分

女性

生活の中に取り入れる

家族

痛風予防には血中の尿酸値を下げることがポイントです。プリン体の摂取を控えるだけでなく、尿酸を排出させるために水分をたくさん摂ることも重要です。そのため、普段からペットボトルを持ち歩くなどの工夫が必要です。また牛乳や乳製品は尿酸値を下げる為、痛風予防には有効と考えられています。

Read More

別名は贅沢病と言う

自然

痛風が発症してかなり悪化すると、日常生活に重大な支障をきたします。さらに一度なると、治っても再発しやすい傾向があります。痛風にならないために予防することも大事ですが、発症してしまった後に痛風癖にならないことも大事です。自分の食生活や生活習慣は適切か、もう一度見直してみることも有効だと思います。

Read More

食事を変えていく

植物

控えるべき栄養

痛風とは、不規則な食事やアンバランスな栄養を摂ることで尿酸という物質が溜まり、結晶化することで主に指先や関節部分に痛みが出る病気です。痛風は、アルコールや清涼飲料水をよく飲む人、肉や魚を摂取する量が多い人がかかりやすいと言われています。プリン体を多く含む食品や飲料を摂取すると、体内で分解されて尿酸が増えるためプリン体を多く含むものを制限する必要があります。肉や魚は量を抑えて、その代わりに野菜を沢山摂取するようにして、水分をこまめに補給する必要があります。野菜にもプリン体は含まれますが、野菜の場合は痛風の発症には関わりがないと言われています。野菜を中心としてプリン体の摂取を制限することで、痛風の予防になります。

摂るべき栄養

痛風の予防には、摂るべき栄養がいくつかあります。アンセリンや、クエン酸、DHA、ビタミンEになります。アンセリンやクエン酸は疲労を緩和させる作用があるため、摂取することで体を疲れにくくします。DHAはストレスを緩和させる作用や抗炎症作用、ビタミンEは高い抗酸化作用があるため予防に良いと言われています。痛風を予防するには、何よりも食事の改善が一番大切になります。食事だけで必要な栄養を摂取することが出来ない場合は、サプリメントや健康補助食品などを上手く活用しながら取り入れていくようにします。控えるべき栄養は量に気を付けて摂取し、必要な栄養を出来るだけ積極的に摂取していくことで予防が出来るようになります。

高尿酸値が引き起こす症状

サプリメント

痛風の原因は体内の尿酸が過剰になることであり、予防のためには尿酸値を下げることが先決です。肥満の人は尿酸値が高い傾向にあり、肥満解消は必須です。水分を多く取って排泄を促すことも効果的です。

Read More