痛風の予防に効果的な栄養素と控えるべき成分

男性

生活の中に取り入れる

家族

痛風予防の方針として大切なことは、血液中の尿酸値を下げることにあります。そうすることで痛風発作のリスクを減らすことが出来ます。また尿酸の原料となるのは、プリン体と呼ばれる物質です。そのためビールなどのプリン体を多く含む食事の摂取を減らすことが、痛風予防の工夫として必要となります。しかし最近になってそれだけでは、尿酸値を下げることは難しいと言われるようになりました。痛風予防のためには過剰な尿酸生成を抑えるだけでなく、尿酸の排出も促進させることが重要となっています。肥満解消や適度な運動はとても大切です。そして水分をたくさん摂ることで、尿酸を体外に排出させることも重要となっています。そのためペットボトルを常に持ち歩くなどの工夫をすると良いでしょう。

痛風予防に牛乳や乳製品が有効であることが注目されています。ここでは乳製品や牛乳が、痛風予防になぜ効果があるかについて豆知識として取り上げます。まず牛乳はプリン体が少ないアルカリ性食品であるからだと考えられています。尿をアルカリ化にすることで、尿酸が溶けやすくなるので痛風予防には有効だと考えられています。更に乳製品や牛乳に含まれるカゼインとラクトアルブミンという成分が、腎臓から尿酸排出を促す効果があると考えられています。それにより血液中の尿酸値を下げる効果が期待されています。このように牛乳や乳製品は、尿酸値を下げて痛風予防に効果的であることが示されています。普段の食事に牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を取り入れてみると良いでしょう。